2010年03月19日

<日本郵政>郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)

 日本郵政は14日、郵政民営化に伴い、郵便局内に設置していた傘下会社間の仕切りを4月末までにすべて撤去すると発表した。

 仕切りは、07年の民営化で、持ち株会社の日本郵政と、郵便や貯金など4事業会社に分割した際、各社間の業務をはっきり分けるため、同じフロアに複数の会社の直営窓口がある約2800局に設置した。

 しかし、民営化見直しを進める亀井静香金融・郵政担当相が「民営化による縦割りの象徴で、グループの一体感が失われた」と批判。郵便、貯金、保険など、傘下会社のサービスを一体的に提供できる環境作りのため、取り払うことを決めた。

 東京都大田区の蒲田郵便局では14日午前、郵便局会社とゆうちょ銀行の窓口を隔てる仕切り(高さ約2メートル)を撤去。カウンター内が一望のもとに見渡せるようになった。今後、両社の境界が分かるよう低い棚を置くことなどを検討する。【中井正裕】

【関連ニュース】
顧客情報紛失:ゆうちょ銀行荒川店で3万人分
ゆうちょ銀:5万件分記録のFD紛失 東京・田園調布店
国民新党:ゆうちょ限度額、引き上げを要望
ゆうちょ銀:地域金融機関に出資へ 信金、信組と協業
個人情報:3万人顧客情報、ゆうちょ銀荒川店が紛失

<強盗>パチンコ店から2人組660万円奪う 千葉・白井(毎日新聞)
鳩山政権の日米同盟批判、陸自1等陸佐が異動に(読売新聞)
無料博物館めぐりはいかが?(産経新聞)
大阪市職員の車検代、受注業者が肩代わり 市処分へ(産経新聞)
授業うまいのは?学校と塾の先生が「T―1」(読売新聞)
posted by モテギ タイチ at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。